愛媛大学校友会事務局


お知らせ

令和3年度 愛媛大学卒業式・大学院学位記授与式(3/24)

 令和4年3月24日(木),令和3年度愛媛大学卒業式・大学院学位記授与式が挙行され,学部生1,847人,大学院生405人に学位記が授与されました。
 今回は3年ぶりに新型コロナウイルス感染防止対策を行い,すべての卒業生・修了生が参加する式典となりました。
 午前10時30分から愛媛県県民文化会館メインホールで挙行された卒業式では,仁科弘重学長から各学部代表者に学位記を手渡された後,コロナ禍での学生生活を讃えるとともに「20歳前後という、人生でもっとも感受性の高い時期に多くの困難を体験した皆さんには、責任の重い変革の世代となるが、多くの世代を巻き込み、人類の発展に貢献してほしい」とエールを送られました。

 

20220324-1.JPG 20220324-2.JPG

 
 続いて、中村時広愛媛県知事の祝辞を田中副知事が披露された後、髙橋祐二校友会会長から「皆さんが大学生活で培った知識、技能のみならず、経験や人間関係は、間違いなく人生の糧となります。それらを礎に、グローバルな視点を持ち、自ら考え行動する人間を目指してください。」と祝辞を述べられました。

 

20220324-3.JPG 20220324-4.JPG

 

20220324-5.JPG 20220324-6.JPG

 
 卒業生を代表し理学部の勝田結衣さんから「自分自身の意義を見つけ、より良い未来を切り開いていきたい」と決意を述べました。
また、午前11時30分から同サブホールで挙行された大学院学位記授与式では、修了生を代表し農学研究科の長森公寛さんが「愛媛大学大学院の修了生として、それぞれの環境で求められる使命を全うしたい」と力強い答辞がありました。
 校友会では卒業生・修了生に記念品として『今治のタオル製品』を贈呈しました。